講師紹介

当スクールの講師陣を紹介します


Columnコラム 仕事部屋を訪ねて

「仕事部屋を訪ねて」片岡さつき(作家・美術教師)

片岡先生は、作家として、児童向けの情操教育の講師として、様々な活動をしています。 作品を作るときの考え方などをインタビューしてきました。


成冨ミヲリ Miori Naritomi

アートディレクター・アニメーター・シンガー
東京藝術大学美術学部工芸科卒 (染織専攻)
趣味:料理とミュージカル鑑賞      

biography

ゲーム会社、コンテンツ制作会社を経て、有限会社トライトーンを設立。
富士急ハイランドや商業施設の企画デザイン、集英社のCMやドキュメンタリーTV番組におけるCG制作、アニメDVDの監督など幅広く活動。
その他、デッサン技法書の執筆、音楽・小説などの制作もしている。

message

プロになると、仕事では失敗ができなくなります。でも、このスクールでは失敗をしても実験をしてもいい。いろいろと試して、自分の可能性を広げることができるのが、デッサンの面白いところです。
独立・起業・就職の相談も受け付けていますので、質問がありましたら、ぜひ声をかけてください。

片岡さつき Satsuki Kataoka

造形作家・美術教師
多摩美術大学絵画学科卒(油画専攻)
趣味:歴史上の場所を散策すること

biography

大学在学中から現在まで、児童向け絵画教室にて幼児~美大受験生を対象として指導を続ける。
2005年5月よりトライトーン・アートラボの講師を務める。
作家活動として大学卒業後から毎年末、美大出身者によるグループ展「G展」へ参加している。

message

授業中「よく見てください」と言うことがとても多いですね。 形をつかむ、質感を把握する、整った構図に納める、客観的に自分の作品を判断する。たくさんの線を重ねて描く鉛筆デッサンで、ぜひ「良い目」を作ってみてください。

長谷川三希子 Mikiko Hasegawa

漫画家アシスタント・イラストレーター・造形作家・彫金作家
多摩美術大学工芸科金属卒業
趣味:ロック、料理、ベランダ園芸

biography

大学卒業後、青山こどもの城造形スタジオで親子ワークショップや小学生対象講座のプログラム考案や講師を務める。現在は漫画家アシスタントをしながら、イラストの仕事や、大学で専攻した彫金の作家として活動している

message

皆さま
たくさん見て、よく観察して、手と体をよく動かして、楽しくデッサン致しましょう。

阿部芳美 Yoshimi Abe

陶芸作家
東京藝術大学院工芸科卒(陶芸専攻)
趣味:裁縫、キャンプ、岩石観察

biography

東京藝術大学工芸科の助手などを経て、現在作家として活動中。陶芸制作をするかたわら、カルチャー講師、高校講師をする。年に数回ギャラリーや百貨店などで作品を発表。

message

ストイックに自分と向き合って描いたり
酔いしれながらほくそ笑んで描いたり
デッサン1枚仕上げるのに一喜一憂している素の自分がいます。
達成感や満足感を得ながらも次の課題が見えている…
その繰り返しが割と楽しいのです。

タイトルとURLをコピーしました