デッサンの壺- -デッサン あれやこれや-- デッサン質問箱 応用技法編

人(キャラクター)の描き分けができないのですが。

デッサンQ&A吹き出し用画像女性2の2
タカハシさん

人()の描き分けができないのですが。

デッサンQ&A吹き出し用画像師匠
センセイ

太っている、痩せている、面長、童顔、若い、年を取っている、男女…などの
様々な描き分けができないと、みんな同じような顔になってしまいますね。
特に年齢の描き分けに苦労した方も多いのではないでしょうか。

なんとなく上手く描けるコツも本などには載っているのですが、
その描き分けた人々を、さらに様々な角度から描いて表情もつけるとなると、
根本的な描き分けができていないと辛くなってきます。

基本は、骨を意識することです。
頭蓋骨や骨格から考えると書きやすくなります。

どこかで頭蓋骨の写真を手に入れて、それを模写してみてください。
その後、自分の顔を触ってみて、肉がほとんどついていないところと、
柔らかくて骨を触るのが難しい場所を把握してください。

肉がほとんどつかないところは、痩せても太っても、極端に位置は変わりません。
頭蓋骨に少し肉を足したくらいの位置に来ます。
例えば、耳の付け根や頬骨、こめかみ、眉毛のあたりなどがそうです。

太っている方を描くには、それ以外のところの肉を多目に描くようにします。
痩せている人は、逆に肉をそぎ落として、頭蓋骨の形に近づけます。

年を取ると、表面の肉が重力で下に引っ張られます。
若い人よりやや下に表面が来ます。
口の位置が下がったり、頬や首下の肉が下に引っ張られて位置が下がります。

慣れてくると、友人の顔を見ていても、頭蓋骨が見えてきます。
※モデルやタレントより、周りにいる普通の人たちの顔の方が参考になります。
下あごががっちりしているとか、頬骨の位置が少し高い…など、
見た目の特徴と骨とを結び付けて見てみてください。
特に、自分が描きなれている顔に比べて、位置がどう違うかを見ていきます。

迷ったら骨を思い浮かべる、基本に立ち返りながらトライしてみてください。

トライトーン・アートラボ_デッサン教室デッサンQ&Aバナー

でよくある質問をまとめたコーナーです。独学派の方も、学校で勉強している方も、ぜひ参考にしてください。


-デッサンの壺- -デッサン あれやこれや--, デッサン質問箱, 応用技法編
-,

関連記事

鉛筆以外の画材に挑戦したいのですが、お勧めは?

サトウさん 鉛筆以外の画材に挑戦したいのですが、お勧めはありますか? センセイ クロッキーであれば、ペンなどの消えない画材を使うのも良いでしょう。消せない、やり直せないということは、バックの出来ない車 …

描きあがった絵が、散漫な印象になります。

サトウさん 描きあがった絵が、散漫な印象になります… センセイ 自分の絵を見返すと、モチーフ同士がバラバラに見えてしまったり、なんとなくまとまりがない気がしてしまうことがあります。 ひとつは、構図の問 …

『測り棒』とはどんなものですか?どう使うのですか?

スズキくん 『測り棒』とはどんなものですか?どう使うのですか? センセイ 測り棒は、デッサンには欠かせないアイテムですが、そのまま「測り棒」として画材屋に買いに行っても、売っていません。(大きいところ …

ハッチングで描いてはいけないのでしょうか?

サトウさん ハッチングで描いてはいけないのでしょうか? センセイ ※ハッチングとは、鉛筆のタッチを生かした、カケアミのような、線画で構成する描き方のことです。 ハッチングでデッサンをすると、画面に勢い …

解剖の本(骨や筋肉が載っているもの)は必要でしょうか?

タナカくん 解剖の本(骨や筋肉が載っているもの)は必要でしょうか? センセイ 全身と頭蓋骨の、前と横の図は、一つは持っておいてください。人体を描くなら必須となります。 絵を描きなれていないと、表面の輪 …

error: