デッサンの壺- -デッサン あれやこれや-- デッサン質問箱 応用技法編

複数のモチーフが同じ台に乗っているように見えません。

デッサンQ&A吹き出し用画像女性1
サトウさん

複数のが同じ台に乗っているように見えません。

デッサンQ&A吹き出し用画像師匠
センセイ
最初の頃は、立方体の物体が二つ、バラバラに台に乗っているだけでも、
形を取っていくのに苦労します。
球体は地面と点で接しているので大丈夫なのですが、円柱や長方形は、遠近法を理解しないと難しいところです。

遠近を描く場合、ひとつは体感して、見たままをテクニックを使って描く方法、もうひとつは理論で理解して描く方法があります。

見たままを描くには、イーゼルやそれに代わるものを使用し、例えば立方体が2つあるとしたら、そのそれぞれの辺をそのまま書き取ります。
 
方法としては、鉛筆を持ち、肩から手までを曲げずにまっすぐ伸ばして、
片目で、辺の傾きと鉛筆の傾きを合わせます。
そのまま肩からまっすぐ紙の上に手を持ってきて、鉛筆で線を引きます。

繰り返しやっていると、だんだんと傾きを取りやすくなってくると思います。

もうひとつ、知識を得ることもお勧めします。
いくら傾きを手で測って描いても、多少の誤差はあります。
特に円柱の仕組みなどは知っておくとよいと思います。

円柱は立方体の箱の中にあると考えてみましょう。
そうなると、もちろん床に接している円形の形にも奥行きがあるわけです。
また、上辺と下辺の形は違います。同じ楕円ではありません。
このような知識は文章では難しいので、本などで基本を押さえておきましょう。

上記をきにしつつ、一つ一つのをバラバラに描くのではなく、全体的に描き上げていくように注意すると、だんだんと自然に地面に接している絵になってくると思います。
トライトーン・アートラボ_デッサン教室デッサンQ&Aバナー

でよくある質問をまとめたコーナーです。独学派の方も、学校で勉強している方も、ぜひ参考にしてください。


-デッサンの壺- -デッサン あれやこれや--, デッサン質問箱, 応用技法編
-,

関連記事

講師成冨の動画配信「デッサン配信 1日目」

  靴が上手く描けません… 鉛筆は長く削ったほうがよいのでしょうか? 鉛筆のタッチを強く出すのと出さないのは、どちらがよいのですか? 鉛筆で塗るとき、ムラが出てしまいます。 鉛筆だけで様々な色味を出せ …

輪郭線が濃くなってしまうのですが…

タナカくん 輪郭線が濃くなってしまうのですが… センセイ 輪郭線は、実際は線ではないのですが、どうしても線に見えてしまいますね。色と色の差、明暗の差が、みなさんの描いている「線」です。 では、線ではな …

プロの絵でデッサンが狂っているものがあるのはなぜ?

ヤマダさん プロの絵でデッサンが狂っているものがあるのはなぜ? センセイ 歌手は、発声練習の時の声で歌は歌いません。デッサンもそうです。 筋力トレーニングをせずに試合に出るプロはいません。デッサンも同 …

イラストとマンガは違うのですか?

サトウさん イラストとマンガは違うのですか? センセイ ※これは、普段どんな絵を描いているか質問したときに、「イラスト」と答える人が多いため、マンガっぽい絵なのか、どんなイラストなのか詳しく聞いたとき …

モチーフの色や模様と、陰影が一緒になると、よく分からなくなります。

サトウさん モチーフの色や模様と、陰影が一緒になると、よく分からなくなります。 センセイ 例えばリンゴなど、表面に既に様々な色や細かい模様があり、色なのか陰影なのか分からなくなってしまうことが良くあり …

error: