デッサンの壺- -デッサン あれやこれや-- デッサン質問箱 知識編

『絵心がある』とはどういうことでしょうか。

デッサンQ&A吹き出し用画像男子高校生
スズキくん

がある」とはどういうことでしょうか?

デッサンQ&A吹き出し用画像師匠
センセイ

」や「センス」等の言葉は、明確な定義が難しい言葉ですね。

を説明するのに良いのが、写真です。

写真は、シャッターを押せば撮れます。
それなら、同じモチーフを撮れば、誰が撮っても同じ写真になる気がしますね。

しかし、不思議なことに100人いれば、100種類の写真が出来上がります。
絞り、シャッター速度、アングル、トリミング、
それぞれの組み合わせは無限です。

では、のある写真はそのなかにどれくらいあるでしょうか。

ざっと見ると、撮る人が何かを「意識」した写真がいくつかあると思います。
撮りたいもの、メッセージ、雰囲気などを強く押し出した写真です。
とりあえず、対象を真ん中に置いてシャッターを押したわけではなく、
なんとなく絞りやシャッタースピードを設定したわけでもなく、
何かの「目標」に向かって、各数値を設定して、シャッターを押した写真です。

この「目標」となるのは、その人の中にある出来上がりイメージです。
例えば、幻想的にしたい、光を美しく出したい、
対象のフォルムの面白さを写したい…など色々です。
そのイメージに向かって、どうやったらこのカメラでそれが出せるかを考える。

適当にシャッターを切ったら、偶然いい感じになった…というのは違いますね。
毎回毎回、必ず出来上がりイメージがあること。
それをゴールとして、各工程(数値設定など)があること。

この「イメージを持つこと」が「がある」と思うと良いでしょう。

絵は写真ほどスピーディーに作成できないので、見落としがちになりますが、
やはり「こんな雰囲気にしたい」「モチーフのこんなところが面白い」など
描きたいことをイメージして、それに近づけていくように描いていく…。

それが、絵心のある絵を生み出すのです。

トライトーン・アートラボ_デッサン教室デッサンQ&Aバナー

でよくある質問をまとめたコーナーです。独学派の方も、学校で勉強している方も、ぜひ参考にしてください。


-デッサンの壺- -デッサン あれやこれや--, デッサン質問箱, 知識編
-,

関連記事

デッサン人形は役に立ちますか?

サトウさん デッサン人形は役に立ちますか? センセイ 木製のデッサン人形は、使い方によっては大変便利なアイテムだと思います。 ただし、デッサン人形を使いこなすには、実物の人体をたくさん描いていないとい …

石膏像を描くメリットは?

タナカくん 石膏像を描くメリットは? つぼねこ まずは石膏像を前にデッサンしている自分てなんか芸術家って感じでエェかんじやん! でもやな、実際に描いてみると泣きたくなるくらいめちゃくちゃ難しいやろ・・ …

解剖の本(骨や筋肉が載っているもの)は必要でしょうか?

タナカくん 解剖の本(骨や筋肉が載っているもの)は必要でしょうか? センセイ 全身と頭蓋骨の、前と横の図は、一つは持っておいてください。人体を描くなら必須となります。 絵を描きなれていないと、表面の輪 …

人を描くときに、みんな同じ顔になってしまいます。

タカハシさん 人を描くときに、みんな同じ顔になってしまいます・・・ センセイ なぜ、人は人の顔を見分けることができるのでしょうか。もちろん、差があるからです。この「差」を知るところから始めましょう。 …

輪郭線が濃くなってしまうのですが…

タナカくん 輪郭線が濃くなってしまうのですが… センセイ 輪郭線は、実際は線ではないのですが、どうしても線に見えてしまいますね。色と色の差、明暗の差が、みなさんの描いている「線」です。 では、線ではな …

error: