デッサンの壺- -デッサン あれやこれや-- デッサン質問箱 応用技法編

人体の比率がうまく描けません…

デッサンQ&A吹き出し用画像女性2の2
タカハシさん

がうまく描けません…

デッサンQ&A吹き出し用画像師匠
センセイ

これは、ある程度の慣れは必要です。

プロポーションの間違いは、最初は自分で気が付かないことも多いでしょう。
そもそも、目と脳が錯覚して覚えているために狂いが生じるのです。

最初のうちは写真などを元に、正しい比率で描くことをお勧めします。
もちろん、本物の人体を見て描くのが一番なのですが、
プロポーションの間違いを無くすには、写真のほうが早い場合もあります。

特に気をつけるのは、下半身です。
脚が短くなりがちで、足が小さくなっていませんか。
写真を横において描いても間違えてしまうことが多いため、
出来上がった絵を窓ガラスやライトボックスで重ねてみたりして、
自分の絵が間違っていないかしっかりチェックします。

見ながらならちゃんと描けるようになってきたら、
今度は写真を見て覚え、それを伏せて描いてみてください。
分からなくなったらまた写真を見ても構いません。

しばらく続けると、大体の比率が取れるようになってきます。

過去の絵を見返して、狂っているところが分かるようになれば、
自分の目も十分成長したと考えてよいでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

マンガなどでは、実際の7~8頭身とは違って、
様々なプロポーションのキャラクターが描かれています。

この場合、幾つかの方法があります。

ひとつは、実際の人物の比率に近づけること。
例えば、生まれたばかりの赤ちゃんは約4頭身です。
赤ちゃんの写真や小学生の写真を入手して、比率を分解して覚えます。

もうひとつは、頭を別に考えること。
体の中での比率が大体合っていれば、おかしく見えません。
要するに、足だけ短くしたり、胴体を長くしたりするのではなく、
頭を別にして体を等間隔にぎゅっと縮めます。
そこに大き目の頭をくっつけるような感覚です。

いずれにせよ、首から下のプロポーションが正しく描ける事が必須となります。
特に間違えがちな腕の長さ(短くなりがち)、手足の大きさ(小さくなりがち)
などに気をつけて、体の中の縦比率を狂わせないよう描くことを心がけてください。

トライトーン・アートラボ_デッサン教室デッサンQ&Aバナー

デッサンでよくある質問をまとめたコーナーです。独学派の方も、学校で勉強している方も、ぜひ参考にしてください。


-デッサンの壺- -デッサン あれやこれや--, デッサン質問箱, 応用技法編
-,

関連記事

絵を描く仕事に就きたいのですが、絵が好きなだけではだめですか?

スズキくん 絵を描く仕事に就きたいのですが、絵が好きなだけではだめですか? センセイ 最初は絵が好きだというところからスタートしても大丈夫です。ただ、好きなら仕事にできるとは限りません。 絵の仕事も、 …

立体感がうまく表現できないのですが…

タカハシさん 立体感がうまく表現できないのですが… つぼねこ 最初のうちは、なかなか立体感が出せないもんなんや・・。デッサンはこの立体感を描くもんやから、うまくいかなくて、キッ~~~ってイライラしたり …

年齢によって、うまくなる速度は違いますか?

ヤマダさん 年齢によって、うまくなる速度は違いますか? センセイ いままでたくさんの生徒さんを見てきましたが、大人になってから(高校生以降)の上達速度は、年齢とはあまり関係がないと思っています。 どち …

デッサン・・何から手を付ければ・・

タカハシさんが石膏像”メジチ”を前に何やら悩んでいるようですよ タカハシさん 先生・・・デッサンを始めるにあたって、どこから手を付ければいいのか分からないんです・・ センセイ おう、クロッキー帳・鉛筆 …

円柱などを描く時、見えない部分を描くのはなぜ?

タカハシさん 円柱などを描く時、見えない部分を描くのはなぜ? センセイ 円柱はとても難しいモチーフですね。 特に側の部分は両側の回りこみなどが不自然になりやすく、形も歪みがちです。 この時、底の裏側も …

error: