デッサンの壺- -デッサン あれやこれや-- デッサン質問箱 基礎技法編

描きこみが少ないのか、白と黒だけになってしまう。

デッサンQ&A吹き出し用画像女性1
サトウさん

描きこみが少ないのか、になってしまいます…

デッサンQ&A吹き出し用画像師匠
センセイ

の経験が浅い場合、全体的にグレーになってしまう場合と、白と黒にパッキリと割れた絵になる場合が多いです。

グレーになってしまうパターンは、細かく描きこみすぎなことが多いのですが、白っぽくなる場合は、描きこみが足りないことが多いですね。

まず、講評などで他の人の絵と比べて、自分の絵に「色がない」と感じる場合、白と黒の間の中間色のグレーを増やすことと、黒い部分の色味をもう少し分解するようにすると良いでしょう。

手順を記しておきます。

まず圧倒的に描き込みが足りていないと思いますので、描きこみ量を増やします。
に入る前に、クロッキー帳に思いっきり線を引いたり塗りこんで見て、手のウォーミングアップをしておくと良いでしょう。

早い段階で、一番濃い部分をしっかりと塗っておきます。
そこから一番明るいところまでを、10段階くらいに分けるつもりで描きましょう。
筆圧を弱くしてしまい、白くなってしまう方は、濃い部分は濃い鉛筆を使うだけでなく、少し筆圧を上げるようにします。

固有の色があったり、全体的に影が付いているところは、できるだけ手を大きく動かし、しっかりと「塗る」ようにします。
線と線の間を開けずに塗ると、色がちゃんと乗ります。

最後に、黒く塗りつぶした部分がある場合は、色をよく見直します。
画面の中で一番暗いところ以外は、真っ黒より少し明るくなるよう、
練りけしを持って、軽く叩いたりして調整します。

離れてみて、墨溜まり(黒く乗りすぎて目立つところ)がないか確認し、
全体的に色を調整しましょう。

トライトーン・アートラボ_デッサン教室デッサンQ&Aバナー

でよくある質問をまとめたコーナーです。独学派の方も、学校で勉強している方も、ぜひ参考にしてください。


-デッサンの壺- -デッサン あれやこれや--, デッサン質問箱, 基礎技法編
-,

関連記事

好きな作家に絵が似てしまいます。

タナカくん 好きな作家に絵が似てしまいます。 センセイ 世の中のマンガやイラストなどを見ていても、ああ、この人はきっとこの作家が好きなんだろうな…とか、○○っぽい絵として、分類ができるな…と思うことが …

薄く塗り重ねていくと、時間が足りないのですが

ヤマダさん 薄く塗り重ねていくと、時間が足りないのですが・・ センセイ 最初のうちは濃く描くことが怖くて、薄く塗り重ねてしまいがちですよね。 それはそれでとても綺麗な絵になりますが、最初から濃い色の部 …

デッサンは、使える技術ですか?

スズキくん デッサンは、使える技術ですか? センセイ この時代、鉛筆は消えてシャープペンシルになり、PCはタブレットになり、マウスになり…と、鉛筆と消し具で絵を描く機会はほとんどなくなりました。 そう …

木炭で描くときに、細かい質感が表現しにくいのですが。

タナカくん 木炭で描くときに、細かい質感が表現しにくいのですが。 センセイ 木炭は、濃くしたいと思ったら一瞬に濃く描くことができ、付いた木炭を取りたいと思ったら、手やガーゼでさっと取ることもでき、素早 …

人物の全身を描くとバランスがおかしくなります。

タカハシさん 人物の全身を描くとバランスがおかしくなります・・・ センセイ 人物はよく見慣れているだけに、頭の中で造形的な勘違いをしたまま、思い込みで描いてしまうことが多くあります。 また、見慣れてい …

error: