デッサンの壺- -デッサン あれやこれや-- デッサン質問箱 応用技法編

重量感を感じさせるには?

デッサンQ&A吹き出し用画像女性2の2
タカハシさん

を感じさせるには?

デッサンQ&A吹き出し用画像師匠
センセイ

デッサンも中上級になってくると、形や質感、陰影だけでなく、雰囲気、、意図、世界観などを表現する段階に入ります。

特に、重いものを重そうに、軽いものを軽そうに描くことは大事です。
存在感を描くという感覚です。

を表現するには、とにかくたくさん描きこむ!ということに尽きるのですが、言葉で説明できる部分もありますので、まとめておきたいと思います。

まず、重さや存在感を描く上で、2つのポイントがあります。

1つは、表面のデティールや質感で「重さ」を表現しやすいものを見つけること。
例えば、白っぽい球体があったとして、発泡スチロールと大理石ではまったくが違いますね。

発泡スチロールなら、絵を見る人が「これは発泡スチロールだ」と分かるような
表面の情報を少し描き加えておくと、軽さを表現する手助けになります。
石であれば、少し欠けている部分などを見つけ出し、描き加えます。
また、台に接地している部分を観察して、軽く乗っているのか、しっかり乗っているのか描くようにします。

もう一つは、タッチや描き込みで重さを表現することです。

これは、目に見えるものではなく、絵としてのテクニックともいえるでしょう。
白い球体を描く時に、描かずに画用紙の白で白さを表現するのと、薄い鉛筆でしっかり塗りながら白を表現するのでは、存在感が違います。

大きくて重い塊のようなものを描く時にも、優しく塗らずに、がりがりとタッチを立てて描くことで、存在を出すことができます。
逆に軽いものは、軽いタッチで描く…など、感覚と手を連動させて描いてみるのも良いでしょう。

いずれにせよ、存在感は「描くこと」によって表現されます。
手数が足りないうちは、存在感を出すところまで行きにくいですから、初心者の方は、まずたくさん情報を描き込むことに専念してください。
おのずと存在感が出てくるようになると思います。

トライトーン・アートラボ_デッサン教室デッサンQ&Aバナー

デッサンでよくある質問をまとめたコーナーです。独学派の方も、学校で勉強している方も、ぜひ参考にしてください。


-デッサンの壺- -デッサン あれやこれや--, デッサン質問箱, 応用技法編
-

関連記事

欲しいと思う感覚(構図力・色彩感覚など)を手に入れるには?

タナカくん 欲しいと思う感覚(構図力・色彩感覚など)を手に入れるには? センセイ 根本的には、時間をかけて絵を描き続けるしかないのですが、少し近い感覚を実感するには、模写をしてみるのが良いと思います。 …

服の描き方を教えてください。

タカハシさん 服の描き方を教えてください。 センセイ 服を描くときに気をつけるのは、襟元の立体感、服のしわ、中に入っている人体の形状です。 洋服をよく見てみてください。襟元の形がちょっと複雑ですね。ワ …

イーゼルの使い方を教えてください。

スズキくん イーゼルの使い方を教えてください。 センセイ イーゼルは必ず利き手側に置いて下さい。 モチーフから画面まで目線を動かした時に遮るものがないようにしましょう。 見ている対象がすぐ描け、絶えず …

描きたいと思うものがなく、デッサンの勉強が苦痛です。

ヤマダさん 描きたいと思うものがなく、デッサンの勉強が苦痛です。 センセイ リンゴやレンガのような生物や、石膏。 確かにデッサンに使われるモチーフは、味気ないものも多いですね。 いずれにせよ、描く対象 …

鉛筆は長く削ったほうがよいのでしょうか?

スズキくん 鉛筆は長く削ったほうがよいのでしょうか? センセイ デッサンでは、鉛筆を寝かせて描くことも多いため、削りだす部分(△の部分)を短くしすぎると、△の下の角で紙をこすってしまうことがあります。 …

error: