その他 デッサンの壺- -デッサン あれやこれや-- デッサン質問箱 知識編

人一倍作業が遅く、いつも締め切りに間に合いません…

デッサンQ&A吹き出し用画像男性3
ヤマダさん

人一倍作業が遅く、いつもに間に合いません…

デッサンQ&A吹き出し用画像師匠
センセイ

デッサンにも完成と言う名のがあります。
デッサンにおいてに間に合わせられない方は、
仕事でもを落としがちではないでしょうか。

作業が遅い場合は幾つかの原因があります。
絵と仕事、両方に関して記載します。


○スケジュールが引けていない

自分で分単位でスケジュールが引けないと、完成しません。
それには自分の作業スピードを知る必要があります。
すぐに作業に取り掛かり、結局を落とすくらいなら、
最初にスケジュールを引く時間を作ることです。

そして必ず、逆算しながら、やるべきことを決定すること。
(やるべきことです。やりたいことではありません)
細かく決めた自分だけの締め切りを、しっかり守ることです。


○絵を描くスピードそのものが遅い

これは訓練するしかありませんが、少しでも速くするために、
せめて下絵やラフスケッチくらいは手早く描きましょう。
時間がないなら、下絵で時間をかけるのはもったいないです。


○絵やデザインなかなか決まらない

頭の中で十分想像がついておらず、描いている本人も
何に向かって描いているか分からない場合があります。
まず、何を描くのか、資料などを見て、頭の中に描ける状態で
それに近づけるように描きましょう。


○何度も直しているうちに、よく分からなくなってしまう。

絵もデザインも一緒です。細部を直したら全体を見ること。
これは必ず頭に染みつけてください。
細部を直しているうちに、全体的にちぐはぐになり、
それを直そうと他を直し…とやっていると時間が足りません。
「何のために」「何をしようとして」直しているのか、理解しておくこと。

※もし、先生やクライアントが「ここ青にして」などと言ってきて、
その理由がうまく飲み込めない場合は、素直に聞きましょう。
単に青にすればOKなのか、目立たせるために青にしたいのか、
そもそも、その理由だと青でいいのか、ちゃんと理解することです。
同じ青でも、どんな青にすべきか、答えを出すスピードが上がります。


○無駄な作業が多い

1本の線で済むところを、何度も描かないこと。
イラストなら、1つでいいところを、4つも5つも作る必要はありません。
最短距離を走るくせをつけてから、全体的に緩急をつけて、
凝るところと、手を抜くところを決めるようにしましょう。


こだわり、センス、言い訳は、締め切りに間に合わせてからの話!
時間と上手にお付き合いするようにしましょう。

トライトーン・アートラボ_デッサン教室デッサンQ&Aバナー

デッサンでよくある質問をまとめたコーナーです。独学派の方も、学校で勉強している方も、ぜひ参考にしてください。


-その他, デッサンの壺- -デッサン あれやこれや--, デッサン質問箱, 知識編
-

関連記事

鉛筆は長く削ったほうがよいのでしょうか?

スズキくん 鉛筆は長く削ったほうがよいのでしょうか? センセイ デッサンでは、鉛筆を寝かせて描くことも多いため、削りだす部分(△の部分)を短くしすぎると、△の下の角で紙をこすってしまうことがあります。 …

進学するなら、専門学校と美術大学、どちらが良いでしょうか?

スズキくん 進学するなら、専門学校と美術大学、どちらが良いでしょうか? センセイ 一般的に専門学校は即戦力、美大は基礎力と応用力を学ぶと言われています。大きな違いは、専門学校は入試がないところが多いで …

モチーフの色や模様と、陰影が一緒になると、よく分からなくなります。

サトウさん モチーフの色や模様と、陰影が一緒になると、よく分からなくなります。 センセイ 例えばリンゴなど、表面に既に様々な色や細かい模様があり、色なのか陰影なのか分からなくなってしまうことが良くあり …

デッサンをやると無個性になりませんか?

サトウさん つぼねこさん、デッサンをやると無個性になっちゃったりしませんか? つぼねこ 例えば家を立てる時には、まず整地して基礎を作ってと順番に下から積み重ねていくやろ、土台がないところに家を建てると …

石膏像を描くと、黒っぽくなってしまうのですが。

タナカくん 石膏像を描くと、黒っぽくなってしまうのですが・・・ センセイ 石膏像は真っ白なので、光を描く勉強としてはよいモチーフです。光が当たって明るくなる、陰や影が出来ることを、よく認識しながら描き …

error: