デッサンの壺- -デッサン あれやこれや-- デッサン質問箱 応用技法編

モチーフの色や模様と、陰影が一緒になると、よく分からなくなります。

デッサンQ&A吹き出し用画像女性1
サトウさん

の色やと、陰影が一緒になると、よく分からなくなります。

デッサンQ&A吹き出し用画像師匠
センセイ

例えばリンゴなど、表面に既に様々な色や細かいがあり、
色なのか陰影なのか分からなくなってしまうことが良くあります。

見たままに描けばよいのですが、そうなるとリンゴの表面のまで
全て描かなくてはならない気がして、気が遠くなってしまいますね。

特に初心者の場合は、この「表面の色や」と「陰影」の差が
分からなくなってしまいがちです。
その場合の対処方法を2つ挙げておきます。

1)目を細めて見る

目を細めてと自分の絵を見比べてみてください。
細かい質感や色の情報が見えなくなり、陰影がはっきり見えます。
また、遠くから見るのも良いと思います。

このときに見えているものが「物を立体に感じさせる陰影」なので、
まずはこの情報を描き込むようにします。
その後、その陰影を崩さないようにして、色やなどを適宜描き込んで下さい。

2)白いものを横に置いてみる

球体のものを描いているなら、卵や白いボールなど、
円柱(瓶なども含む)を描いているなら、丸めて筒状にした紙などを、
のすぐ近くに置いてみてください。
白いものなら、陰影だけがしっかりと見えると思います。

その陰影を、表面の模様などに惑わされずに表現するようにします。
あとは1と同じように、描き込んで下さい。

トライトーン・アートラボ_デッサン教室デッサンQ&Aバナー

でよくある質問をまとめたコーナーです。独学派の方も、学校で勉強している方も、ぜひ参考にしてください。


-デッサンの壺- -デッサン あれやこれや--, デッサン質問箱, 応用技法編
-, ,

関連記事

構図が単調になってしまいます。

スズキくん 構図が単調になってしまいます… センセイ 動かないモチーフでも、動き(ムーブマン)や流れを意識して、 構図を構成していくようにしましょう。 例えば、左右にモノが同じ距離で配置されているより …

質感がうまく描けません。

スズキくん 質感がうまく描けないのですが・・ つぼねこ 技術的なことで言うならばやな、いろんな濃さの鉛筆やとか、良く削れたものやら、芯が丸まったものなどを使い分けてやな、様々なタッチで描くと良いと思う …

長年デッサンをやっていると、自分が伸びているのか分からなくなります…

ヤマダさん 長年デッサンをやっていると、自分が伸びているのか分からなくなります… センセイ 長年描いていると、安定もしてきますが、最初の頃のような 急激な伸びが無くなり、自分が成長していることが分から …

絵が上手い人は、描けない人に比べて、何が「見えて」いるのでしょうか?

スズキくん 絵が上手い人は、描けない人に比べて、何が「見えて」いるのでしょうか? センセイ 自分が見えているものは、上手い人が見ているものとは違うのでは?そんな風に自分の目を疑ってしまうのは、悩んでい …

複数のモチーフが同じ台に乗っているように見えません。

サトウさん 複数のモチーフが同じ台に乗っているように見えません。 センセイ 最初の頃は、立方体の物体が二つ、バラバラに台に乗っているだけでも、 形を取っていくのに苦労します。 球体は地面と点で接してい …

error: