デッサンの壺- -デッサン あれやこれや-- デッサン質問箱 応用技法編

木炭で描くときに、細かい質感が表現しにくいのですが。

デッサンQ&A吹き出し用画像男性1の2
タナカくん

ときに、細かいが表現しにくいのですが。

デッサンQ&A吹き出し用画像師匠
センセイ

木炭は、濃くしたいと思ったら一瞬に濃く描くことができ、付いた木炭を取りたいと思ったら、手やガーゼでさっと取ることもでき、素早く直感的に絵を描くことができる画材です。
手で触りながら作るような感覚が面白いですね。

その反面、細かい部分の描きこみは向いていないとも言えます。

触るとすぐに取れてしまうので、早い段階から細かく表現すると、仕上げまでに擦れてぼんやりしてしまいます。
ですから、全体的に大きく仕上げながら、最後に細部を作ります。

鉛筆のように、木炭を尖らせて細かく描くこともできますが、そこだけが妙に生っぽい黒さにもなりますので、注意が必要です。

鉛筆を使って細かいところは仕上げる方法があります。
木炭を鉛筆状にしたチャコールや、8Bなどで描いても良いでしょう。

また、固めの木炭を使用するのも面白いでしょう。
主にヤナギを使用する場合が多いと思いますが、ホウノキやミズキなど固めで淡い色のものを試してみてください。

細かい部分をぼかするのに、擦筆(さっぴつ)や麺棒を使う人もいます。
(私は小指の外側の腹の部分を使って、細かく描いていました)

木炭は最初に述べたとおり「大きく大胆に」描くのが魅力の画材です。
全体的に細かく描くよりは、ココ!と思う場所をしっかりと選んで、最後に画面を締めるために、一部だけ細かく表現するというのが、木炭の特性に合っていると思います。

トライトーン・アートラボ_デッサン教室デッサンQ&Aバナー

デッサンでよくある質問をまとめたコーナーです。独学派の方も、学校で勉強している方も、ぜひ参考にしてください。


-デッサンの壺- -デッサン あれやこれや--, デッサン質問箱, 応用技法編
-,

関連記事

ある程度上手くなったのですが、そこからなかなか伸びません。

ヤマダさん ある程度上手くなったのですが、そこからなかなか伸びません。 センセイ スランプに陥ることはよくあります。 また、ある時点で目の前に壁が現れ、進んでいない気がすることも多いものです。 ひとつ …

複数のモチーフが同じ台に乗っているように見えません。

サトウさん 複数のモチーフが同じ台に乗っているように見えません。 センセイ 最初の頃は、立方体の物体が二つ、バラバラに台に乗っているだけでも、 形を取っていくのに苦労します。 球体は地面と点で接してい …

球体モチーフ(リンゴなど)が、地面にめり込んでいるようになってしまう。

スズキくん 球体モチーフ(リンゴなど)が、地面にめり込んでいるようになってしまうんです・・ センセイ 球体と地面の設置面は、点であることがほとんどです。影の付け方が、点ではなく広範囲になっていると、離 …

靴が上手く描けません…

タカハシさん 靴が上手くかけません… センセイ 靴は3つに分けて考えます。 まず、足首が入るところ。 そして足の甲。 最後に足の先です。 足先と足首は比較的単純な形ですが、 足の甲は立体として難しい形 …

どんな画材で描くと良いですか?

サトウさん どんな画材で描くと良いですか? センセイ 鉛筆、木炭、ペン、コンテ、なんでも構いません。クロッキーのときは、あえて消せない画材を使うのも良いでしょう。安価なボールペンでも構いません。 つぼ …

error: