デッサンの壺- -デッサン あれやこれや-- デッサン質問箱 応用技法編

他人の絵は批評できますが、自分の絵は分からないのですが。

ヤマダさん
【ヤマダさん】

他人の絵は批評できますが、自分の絵は分からないのですが。

せんせい
【せんせい】

をやる上で私がよく言うのは「判断をたくさんすること」です。
自分や自分の絵を、何度もジャッジしなさいということです。

せっかく作ったものを壊すのは誰でも怖いですし、何度も見ていると間違いも分からなくなります。

ですが、数日前や数時間前、または数分前の自分は過去の自分。
その間違いは、現在の自分が直してあげないと、成長しません。
遠くから見て、他人の目で見る。違うと思ったら直す。

自分をジャッジできるようになると、成長も早くなります。
自分の描く力より、見る力の方が少しレベルが高いくらいがちょうどいいのではないでしょうか。

 

-デッサンの壺- -デッサン あれやこれや--, デッサン質問箱, 応用技法編
-

関連記事

デフォルメのコツを教えてください。

【ヤマダさん】 デフォルメのコツを教えてください 【せんせい】 まず、デフォルメということは考えずに、今までデッサンした対象を 思い出してみましょう。 特に気になったところ…例えば人体で、肘のところに …

歳を取った人物の顔がうまく描けません。

【ヤマダさん】 歳を取った人物の顔がうまく描けないのですが・・ 【せんせい】 しわだけで年齢を表現しようとしていませんか? まず、できれば立体模型か本物の頭蓋骨を描いてみてください。 無理でも、写真を …

最初画面にアタリを取るのがとても苦手です。

【タナカくん】 最初画面にアタリを取るのがとても苦手なんです・・ 【せんせい】 だれしも、白い紙を前にすると怖いものなんですよ。 絶対に間違いがないところから描き出すと少し気が楽になるでしょう。 それ …

立体感がうまく表現できないのですが…

【タカハシさん】 立体感がうまく表現できないのですが… 【つぼねこ】 最初のうちは、なかなか立体感が出せないもんなんや・・。 デッサンはこの立体感を描くもんやから、うまくいかなくて、キッ~~~ってイラ …

講師成冨の動画配信「デッサン配信 1日目」

  講師成冨の動画配信「デッサン配信 4日目」 講師成冨の動画配信「デッサン配信 3日目」 講師成冨の動画配信「デッサン配信 2日目」 講師成冨の動画配信「デッサンの道具の説明」 絵を描くために、普段 …