どのくらいうまくなれば、プロになれますか?

スズキくん
スズキくん

どのくらいうまくなれば、プロになれますか?

せんせい
せんせい

これは非常によく聞かれる質問です。
または「まだ巧くないからプロになれません」という言い方もよく耳にします。

絵に関する仕事と言っても、内容は様々です。必要とされる能力も違います。

例えば、漫画家になりたいのか、好きな漫画を描いていきたいのか、
漫画っぽい絵が描く仕事がいいのか、漫画を描く力を活かせる仕事がいいのか。

職業を限定すれば「このレベルは必要」という答えは出ます。
ただし、それに達していないからずっと勉強してるだけでは、時間だけが過ぎ去っていきます。

私のキャリアスタートは、CMの小道具のイラストと、絵コンテでした。
絵コンテは、手早く描くことが必要ですが、すごくうまい必要はありません。
4コマ漫画のようなものを描くのですが、資料を見る時間があまりないため、
色々なものを、クロッキーのように手早く描ける人には向いています。
私はうまくなかったけれど、手早く絵を描けたので、この仕事に就けました。

それから技術を磨いて、今はCMのコンテではなく、CGやイラストを
描くことができるようになりました。

冷静に自分のレベルをはかることは大事ですが、自分の可能性を狭めるような、
限定的な考え方はしないことをお勧めします。

——————————————

つぼねこ
つぼねこ

現場に出て鍛えられることとかや学ぶことは めちゃめちゃ多いんや

 

わしも さいしょのネコパンチはたいしたことなかったけど

なかまにパンチをなんどもくらって 手首の使い方をマスターしたんや

 

どや わしの職人的ネコパンチを くらってみたいか?

スズキくん
スズキくん

けっこうです・・・・・・

タイトルとURLをコピーしました