「請求書を送ってください」 あわわ・・書き方は・・・どうすれば

つぼねこ
つぼねこ

んなら順番に説明してくで~

  •  請求先名称や
  •  請求書を発行している日付や
    ここで、” 号 ” っていうのあるやろ、あと別の形式やと № とかってやつね
    これは、別に通し番号やなくても良くて、任意やから、

    例えば 123456 とかにしてもええねんけど、何のための番号かというと、あとで請求書とかの帳票を整理し易くするための番号なんや。そやから例えば日付をつかって 190823-001とかにしとくと、自分で整理しやすいやろ~。まあ、番号は未記入でもええねんで。
        
  •  サトウさんの住所とか名前とかの連絡先や、メアドも書いても良いしな。
        
  • ※1 捺印 に関しては、実は必須項目ではないんだけど、日本の商習慣上 ハンコは押しといたほうがええよ~
    先方の担当者から「印鑑が押されてないので送り直してください」とか言われちゃうかもしれないからね。
        
  •  件名は今回なら雑誌名とかにすると、先方も処理しやすくなるからね。あとは、先方が大きな会社の場合、沢山の人から送られてきた、とんでもない数の請求書を経理部門は毎月処理する関係上「納品番号  1809-1234  を書いて送ってください」と指定されることも有るで、納品番号が指定されている場合は、下記⑤の所にでも追記しておいくとええ。

      期日っつーのは、法人には「末締めの翌月末払い」などの取り決めがあるんや、これを“支払いサイト”っていうんやけど、例えば つぼねこ株式会社の支払いサイトが「末締めの翌月末払い」 の場合、8月に送った請求書のギャラは、9月末に振り込まれるっちゅーことや。
    そやから支払いサイトは事前に担当者に確認しておかんと、自分の家計のやりくりに影響でるじゃろ。
    んで、余談じゃがイラストレーターやらデザイナーがお世話になる事が多い制作系の会社の支払サイトは「末締めの翌翌末払い」が多いんじゃ。
    8月に請求して10月末振込ということや。これには色々な理由があるねんけど割愛する。
    そんなこんなで「御社規定による」とまあ商習慣的に書くんや


    ※先方の会社の資本金規模によっては 「下請け代金支払い遅延等防止法」の範疇になるから、納品日から60日以内に支払われるんや。
        
  •  ここの日付は納品日(作品を先方に納品してOKで完了した日)
    内容は、まあ件名に書いた内容 + 作業細目(今回はイラスト制作)

    単位は、まあお互いが分かればいいので、イラストの場合は 点 とか 枚 とかでええ。全部まとめて金額書くときは 一式 とかもつかうけど、ここも特に決まりは無いんや書かんでもええねんけど、PCソフトの場合は数字入れないと自動計算してくれんから、数量と単位はいれんとあかんけどな。
    金額はパソコンで作るときは自動で三桁ごとに , が入ると思うけど、手書きの時は自分で書かなあかんで
        
  • ※2 消費税に関してはフリーランスの方でも乗せることは全く問題は御座いませんが、請求段階で急に消費税をのせると、発注元との認識のずれでトラブルの原因になる場合が多いのも事実なんです・・
    というのも、 法人から フリーランスのデザイナーやイラストレーターの方へ発注する際に「1万円/1点で5点、合計5万円でお願いできますか?」みたいに言われた場合は、”税込み金額提示”という観点の発注の場合が多々あるからです。

    昔は「並びで」というのもあったんですけど・・とオヤジ発言です、わからなくて良いですww

    サトウさんが今後も全ての請求に消費税をとることを一貫し、さらに仕事が始まる前段階でギャランティーの話をした際に、発注元に「消費税頂きますが良いですか?」と確認がとれていれば良いですけど、請求段階で急に消費税をのっけると・・・・。そうなると最悪、以後その会社からの発注が無くなる場合もあったりします・・。
    発注側は消費税分を払いたくないってことではなくて、予算内での枠組みをして発注しているため、最初から消費税乗せる話が伝わってなくて、納品後の請求段階で予定外の支出はめっちゃ困るんですけど・・・というわけです。


    (メモ)
    課税売上高が年間1000万円以内の場合は、消費税免税業者扱いとなり、仮に消費税を請求時に乗せていても、消費税分は納税しなくてもいいんです(益税←合法です)。
    逆に言うと年間課税売上 高 が1,000万円を超える消費税を納める義務が発生します (自動的に課税事業者となります) 、課税事業者なのに請求時に消費税を乗せておかないと、消費税分は自腹で納税することになります。

    令和元年10月~の消費税率改正にともなって、消費税法もかわるのですけど、今後フリーランスにおける消費税の扱いにめちゃくちゃ影響が大きい制度変更が控えてます(2023年10月導入の「適格請求書等保存方式(インボイス方式)
  • )ので、そのあたりはまだ数年猶予期間があるので、その間に地域の税務署に行って質問してみるとか、今後書籍も沢山でてくるでしょうから調べてみてくださいね。
        
  •  サトウさんの振込先金融機関の情報やな

サトウさん
サトウさん

げ・・・・・・・・・・なんだか難しいですね・・・・出来るかな?

つぼねこ
つぼねこ

だれでも 最初は戸惑うもんや みんなサトウさんと同じ経験しとるで!!

で、次のページではメッチャ大事な源泉徴収後に実際に振り込まれる金額についてや!! めっちゃ重要な事項やで!


タイトルとURLをコピーしました