「請求書を送ってください」 あわわ・・書き方は・・・どうすれば

1か月後・・・

サトウさん
サトウさん

先生・・・・例のお金が振り込まれたんですが、50,000円請求したはずなのに、振込まれた金額は44,463円だったんです・・・・

つぼねこ
つぼねこ

それは源泉徴収と振込手数料が引かれとるんやな

まずは源泉徴収について教えたる。

まず、サトウさんの仕事内容イラストレーターとか、デザイナーにかかる”報酬”の源泉所得税率は、
100万円以下の金額には10.23%なんや。
今回の請求額は 50,000円やから、
50,000円の10.23% = 5,105円 が源泉税額となるんや。

ただ、これはつぼねこ株式会社 に搾取されたんやないで!!  発注者である つぼねこ株式会社 には源泉徴収義務というのがあって、今回のサトウさんの”報酬”にかかる源泉税5,105円は、 つぼねこ株式会社 が税務署に、サトウさんの代わりに納めといてくれとるんや。

サトウさん
サトウさん

でも結局私の手元に入らないお金になってるじゃないですか・・・

つぼねこ
つぼねこ

それは違うねん!! フリーランスになった以上 確定申告 することになるんや。確定申告っつーのは簡単に言うと、今年一年の年商からかかった経費とか色々差し引いて、実際の収入金額を計算し申告するんや。

今回の話に限った話でいうと、来年の一月とかに つぼねこ株式会社 から「支払い調書」っつーのがサトウさん宛に送られてくるんや
そこにはサトイさんに代わって5,105円を納めましたよ という事が分かる書類やねんけど、それを使って申告の時の資料にするんや。

※通常支払い調書は黙ってても送付されてくるんだけど、実のところ支払った法人側には支払い調書の個別送付義務はないんですわ。だから1月末頃になっても送られてこない場合は「支払い調書を頂けますか?」と先方に確認してみてくださいな、そしたら普通は問題なく発行してくれますわ。
ちなみに支払い調書は確定申告時の必須添付書類ではないから、無くても申告はできるけど、有った方が取引の把握やら色々と便利なんや。

通常デザイナーやらイラストレーターさんは「還付申告」になる。
すなわち「代わりに納められ過ぎてた源泉徴収税を返金してもらう」ことになる場合が殆どやで。フリーランスで仕事を始めるにあたっては、確定申告制度を本とかで読んで勉強しといたほうがええで!
昨今はネット経由で簡単に申告書作成から申告までできるようになってるからな。

というわけで確定申告すれば上記5,105円は確定申告後に税務署さんから振込で還付されるんや。なんどもいうけど、確定申告しなかったら戻って来ないから、かならず申告する事や!!

※申告内容(経費金額・年商などなど)によって還付金額は変わるけどな。

サトウさん
サトウさん

これまた難しそうですけど、フリーランスで働く以上確定申告の知識は必須なんですね!! これから勉強します!!

ただ、先生・・・50,000円から源泉徴収が5,105円轢かれてるという事は
44,895円振り込まれるはずじゃないんですか?
さらに432円足りないじゃないですか・・・

つぼねこ
つぼねこ

432円は つぼねこ株式会社 がサトウさんに振込した時の振込手数料やな

振込手数料の取り扱いは実は会社によって違ったりするんやけど
制作系の会社との取引では、振込手数料はギャラ振込額から差し引かれることが多いねんよ。

よって、今回の実振込金額 44,463円の内訳は
50,000円(請求額)5,105円(源泉税額)432円(振込手数料)

ちゅーことや。

サトウさん
サトウさん

そういう事だったんですね!! 計算バッチリ合ってます!!
初めてイラストでお仕事して、さらにあまり実感していなかった税金についても知ることになって、ちょっと大人になった気分です!!

つぼねこ
つぼねこ

そやろそやろ!! これからも沢山仕事していくと思うから、何年か後には後輩にも計算方法とか教えてあげるんやで!!

あ、あと次のページではマイナンバーについても少し触れとくかな


タイトルとURLをコピーしました